貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 戯言 > 2009年回顧録  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年回顧録

2010 - 01/01 [Fri] - 13:25

 昨年当ブログを訪問してくれた皆様へ
 喪中ですが「明けましておめでとうございます」。
 旧年中はお世話になりました。
 本年もよろしくお願いします。

 今年も無事に新年を迎えた。
 このブログの読者の方でなくてもご存じかと思うが、昨年は公私ともに激動の年だった。
 2月には父が旅立った。
 覚悟していたとはいえ、もっともっと長生きして欲しかったし
 自分が貧乏でなかったら、もっと条件のいい病院で闘病生活を送らせてやりたかった。
 そういう意味では大変悔いが残るが、今後今の生活状況がから脱出できる見込みは
 残念ながら、ないという状況だ。悔しいが、しょうがない。
 私が好きなドラマである「ファン・ジニ」にこんなセリフがある。
 「強いから生き残るのではない。生き残るから強いのだ」
 私はこのセリフを胸に秘め、これからもしぶとく、したたかに生き残ってみせる。
 いわれなくても生きてやる!生き延びてやる!
 5月にはtwitterに参加した。
 最初のうちは使い方がわからず、本格的に参加するようになったのは7月も下旬になってからだが
 フォローしてくれる人数が増えるにつれ
 これまで経験しなかった出会いもあったし、思わぬ再会もあった。
 8月には、実に85年ぶりという、選挙による「政権交代」が実現した。
 60年間、積もりに積もっていた国民の鬱憤がとうとう爆発した。
 道はまだまだ険しいが、ゆっくりと着実に仕事をして欲しいものだ。

 それでは、昨年の10大ニュースを紹介したい。

 1.鳩山政権発足
 国民が鳩首待望していた、85年ぶりの選挙による政権交代劇。
 国民は「1票」を武器に、合法的なクーデターを敢行した。
 民主党はメディアから叩かれているが、それは民主党が自民党政権の「負の遺産」処理に追われているから。旧体制の反撃に負けずに、仕事を進めて欲しい。

 2.父の旅立ち。
 一縷の望みをかけて手術したが、結局10ヶ月しか生きることができなかった。
 自分が貧乏でなかったら、ありとあらゆる手段をとれたのに…と悔いが残る。

 3.twitterデビュー
 本格的に参加するようになったのは7月から。
 「水俣」問題も「上関原発」も、twitterを通じて理解することができた。
 greenzの人たちとの出会いの場も、twitterがきっかけだった。
 twitterの勢いは今後も続きそうだが、5年後はどうなっているのだろう?

 4.マイケル・ジャクソン死去
 晩年の数々のスキャンダルでイメージが悪くなったのは無念である。
 残された作品には社会を厳しい目で見つめたものが多いから、今後の再評価が待たれる。

 5.忌野清志郎死去
 私の知人のライターは、彼の葬式に行ってきた。その模様はこちらから見ることができる。
 死後の開催された展覧会には、大勢のファンがやってきた。私もその一人である。
 残された作品を見ると、画家としても一流であることがわかる。
 時間を見つけて、彼の作品をじっくりと見つめ直してみたい 

 6.新型インフルエンザ猛威
 私の職場でも、インフルエンザで倒れたという話が次々と飛び込んできた。
 幸運にして、私の周りの人間が「死んだ」という話は聞かないが、油断大敵。

 7.オバマ政権発足
 「核廃絶」を口にしただけで「ノーベル平和賞」を受賞(賞金は辞退)したが
 アフガニスタン増派で、反戦派の期待を大きく裏切ったといわざるを得ない。
 国民皆保険制度にはめどがついたが、今後の支持率につながるか?

 8.大企業の経営危機
 日本航空が経営再建問題でダッチロール状態になり
 アメリカの自動車会社の「ビッグ3」GMが、経営破綻に追い込まれた。
 日本でもトヨタが約半世紀ぶりの赤字を計上するなど、昨年来からのリーマンショックの後遺症は深い。
 
 9.足利事件再審決定
 有罪の根拠になった「DNA鑑定」が弁護士サイドから再三にわたり疑問視されていたにもかかわらず
 今まで無視されていたのは、ひとえに司法当局のメンツを優先したから。
 「裁判官」という名の司法官僚の罪は重大だ。

 10.リオデジャネイロ五輪決定
 南米初の五輪だが、治安対策が最大の課題。
 むしろ問題なのは、湯水のように税金を注ぎ込みながら
 この期に及んで反省の色を見せない、石原慎太郎都知事の態度。
 
 次点
 都議会与党が、初の過半数割れ
 オリンピック誘致・築地市場移転・新東京銀行の三点セットの代償は大きかった。

 それでは、今年が皆様にとっていい年でありますように… 

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。