貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 社会人受験 > Z会との出会い(Z会と私・1)  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Z会との出会い(Z会と私・1)

2008 - 07/13 [Sun] - 21:53

 本日、Z会の高2コースの受講科目(英語・国語・生物)の添削課題を提出した。
 なぜ今頃高2コースの添削課題を?なんて突っ込まないでね。
 このBLOGのトップページにもあるとおり、私はかつてNGO活動にかかわっていたことがあった。そこでの活動は勉強になったが、興味の趣くままいろんな活動に首を突っ込んでいて、はたと気がついた。いろんな活動に参加していたから「浅く広い」知識は身についたが、専門的な「深い」知識がないということに。ネットで「お前の一番やりたい分野はいったいなんだ?」と突っ込まれたことはなかったが、活動を通じて「これだ!」と言い切れる自分の専門分野がないことについては、絶えず忸怩たるものを感じていた。
 「勉強しよう!勉強して、大学にいこう!」という願いが、今の自分につながっている。

 といっても、自分は学校生活を終えてから長い年月がたっている。
 NGO活動をする以前も「大学に行きたい!」という思いがふつふつと募り、自分で参考書を買って勉強したことがあったのだが、自分に負けて、2月足らずで挫折してしまった。自分みたいな怠け者には、何かペースメーカーみたいなものがないとだめだと痛感した。できることならば、通信講座に引っ張ってもらうのが一番望ましい。
 受験勉強向けの通信講座には、Z会と進研ゼミという2大勢力がある。なぜ前者を選んだかというと何のことはない、書店に案内パンフをおいていたのがZ会だけだったという、それだけの理由である。高校時代、私は大学進学を希望していたが、当時通っていたのは周囲から「バカの吹き溜まり」と後ろ指を差されるほどの底辺校。当然学校からの支援は期待できず、自分で何とかするしかない。さあどうしたものかと悩んでいた矢先にみつけたのが、地元の書店にうずたかくつまれていたZ会の案内パンフだったのである。
 だが中身をめくって、私が失望するのにさほど時間はかからなかった。会員の在籍校を見ると、どれもこれも世間で「進学校」とみなされている学校ばかりで、私みたいな底辺校の生徒は相手にしませんよ、という雰囲気がそこかしこに漂っていたのだ。「期待した自分がバカだった」という嘆息とともに私はZ会のパンフを閉じ、以後二度とそのパンフを手にする機会はなかったのである。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。