貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 政治 > 小沢幹事長続投へ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢幹事長続投へ

2010 - 02/04 [Thu] - 14:33

 この一ヶ月間の騒ぎはなんだったのか?

 小沢幹事長続投へ 4億円不記載、4日不起訴処分

 今回の小沢氏の献金疑惑は、どこがどう問題なのか、悪い頭をいくらひねっても理解できない。
 そりゃ、企業献金が悪いことは、誰が見てもわかる。
 戦後の大型疑惑といわれた「ロッキード事件」だって,動いたといわれる金額は5億円。
 30年以上前とは経済価値が異なっているとはいえ、今回騒がれている4億円だって、決して小さな金額ではない。
 私が違和感を感じるのは、ロッキード事件の中心人物・故田中角栄氏が国会の最高権力者だったのに対し、今回の小沢幹事長は、検察が「疑惑があった」と(勝手に)騒いでいる当時は「野党」の党首だった。地元では「大物」かも知れないが、野党党首に業界で「大手」といわれている会社が,多額の献金をするかどうか、ちょっと考えてみればわかると思うのだが。
 小沢幹事長の「4億円」を問題視するのなら、それ以前に取りざたされていた二階敏博氏の疑惑も調査するのが筋というものだろう。ところが検察は、二階氏の疑惑は形だけの捜査をやっただけで、略式起訴して捜査を追えてしまった。何とかの一つ覚えのように、連日「小沢」「小沢」と連呼するメディアが、二階氏の疑惑を追及しなかったのは不可解である。
 メディアはしばしば小沢氏のことを「豪腕」だの「口べた」だと評するが、本当にそうなのか?メディアが彼のことを嫌っているのは、小沢氏が当時の細川政権下で記者会見を「サービスだ」と言い放ったために、メディアがこれに反発したからだ。しかし、独立系メディアやネット上では、この評価に異を唱える人が目立つ。その証拠に、小沢氏はきちんと準備された質問には、丁寧に応対するそうだ。ある外国人ジャーナリストは、小沢幹事長について
 「きちんとした質問には、理路整然と答えてくれる人」
と述べている。
 小沢幹事長がメディア,特に新聞に代表される大メディアを嫌っているのは、今のメディア関係者は、ほとんど勉強していないで質問することが多いからだろう、と勝手に想起してみる。実際、先日某ニュース番組で報道された小沢幹事長の記者会見の映像はひどかった。「疑惑」とされる4億円は金庫の中にあったものだと答えた小沢氏に対し,テレビ局の報道記者は「どんな金庫ですか?」と質問したのには呆れた。これには小沢氏も苦笑いするしかなかったのだが、おそらく内心では「こんちくしょー」とでも思っていたに違いない。マスコミがバカな質問をする→呆れて回答しない→メディアはバッシングに走る→ますます質問に答えなくなる、という悪循環である。

 テレビや国会を見ていて、なぜ質問者は同じことばかり聞くのかと思う向きは多いだろう。答えは簡単で、根っこは1つだからだ。質問する方もされる方も、同じ大学・同じ学部・同じ学科・専攻・ゼミだから、価値観も思考パターンも画一化されたものになる。
 多様な視点を認めるために、違った大学から人材を採用すればいいじゃないか、という意見もあるが、会社の採用担当者からいわせれば、応募者が殺到した場合、出身校が一つの「物差し」になるのだそうだ。人事担当者が、どうしても欲しい「人材」の在籍校が二流校、三流校の場合、上層部を説得しても「モノにならなかったら責任をとってもらう」といわれるため、泣く泣く採用を諦めるというケースも多いのだという。フリーの記者にも「記者クラブ」加盟を認めろという動きは、東早慶らの学閥が牛耳るメディアに風穴を開ける狙いもあるのだが、厳しい受験戦争を勝ち抜いた「勝ち組」である彼等には断固として受け入れがたい。彼等「勝ち組」大手メディア所属の記者にとって、情報は自分達「勝ち組」同士でやりとりするものであるという認識であり、そこにフリー記者等の「部外者」が「乱入」するのは容認できないのだろう。
 だが、国民は気がついている。メディアの報道姿勢がおかしいということを。twitterやブログでは、毎日のように大手メディアを非難する声が殺到している。小沢幹事長の事件は東京地検のリークだ、これは守秘義務違反ではないかという意見が毎日毎日殺到している。さすがの大メディアもこの状況を捨て置けないと思ったのか、
 「一連の報道は、世間一般でいうところの『検察リーク』ではない。掲載された記事は、記者自身の独自情報によるものであり云々」
と反撃したが、これがネチズン達の怒りに火を注いでしまった。
 遡れば学生運動が盛んだった’60年代後半、学生活動家達は大メディアを「プチブル(プチブルジョワ=体制寄り)新聞」と憎悪していたそうだが、メディアの体質は40年経った今も、全く変わっていない。国民が「投票権」という、合法的な手段で成し遂げた「革命」を、権力側は「リーク」という、極めて非合法的な手段でひっくり返そうとしている。本来なら権力を監視する「メディア人」も、一緒になって「革命」をひっくり返そうとしている。
 メディアが監視するのは「権力」ではなく「国民」である。
 だったら我々は「権力」の先兵と化したメディアを監視してやろうではないか!

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。