貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記 > twitterへの反撃  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twitterへの反撃

2010 - 04/15 [Thu] - 13:57

 昨年秋、「週刊ダイヤモンド」が大規模なtwitter特集を掲載したのがきっかけで、店頭に並んでいる週刊誌もこぞってtwitter関連の記事を掲載している。それらの多くはtwitterを褒めそやし、ヘビーユーザーを自認する私ですら「おいおい、いくら何でもそれは褒めすぎでしょ?」と言いたくなる。先鞭を切った「週刊ダイヤモンド」は、週刊誌にもかかわらず増版出来を重ね、未だに一部大書店では、同誌のtwitter特集掲載号が店頭に並んでいる。同誌では表紙・特集記事のトップページに利用者のアイコンを掲載しているが、この雑誌を買ったアイコン提供者はどのくらいいるのだろう?
 これだけ各誌が「twitter万歳!」的な特集を組んでいると、どこかがtwitterに批判的な記事を組むのではないかと思っていたのだが、案の定というべきか、4/12日発売の「週刊ポスト」(小学館)が「twitterを疑え!」という特集を組んできた。小学館は極右隔週誌「SAPIO」で、twitterを批判するコラムを掲載していたが、今回はWEB関係者ら4人に、twitterについて語らせている。彼ら4人に共通しているのは、twitterの存在意義を認めつつも、一部ユーザー間で広まっている「twitterで世界は変わる」という見方には明確に異議を唱えている、ということである。
 まず最初に出てくるのは、「WEBはバカと暇人のもの」の著者・中川淳一郎氏(WEBデザイナー)である。彼は前述の「SAPIO」に寄稿し、そのなかでtwitterを「うんこなう」「かれーなう」に代表される「暇人による暇つぶし駄文の垂れ流し」と表現し、多忙なビジネスマンが、首っ引きで書き込む余裕なんかない、ネットの前に張り付いているのは間違いなく暇人であると決めつけている。
 中川氏は名前こそ出さないものの、勝間勝代神田敏昌津田大介広瀬香美の各氏らを「ツイッター・エバンジェリスト(伝導師)」と命名する。中川氏は、彼ら「twitter伝導師」達に、辛らつな言葉を浴びせかける。曰く、彼らは口々に「twitterには可能性がある」いいつつ、彼らの著作物の内容は似たようなことばかり書くだの、曰くオバマ・米国大統領が、twitterにおけるコメントは、オバマ陣営のスタッフの書き込みだったと言うことには誰にも触れていないではないかと、だの。彼ら「伝導師」をかばうわけではないが、彼らが書いているのはtwitterの「入門書・解説書」であり、書かれる内容が似通ってくるのは仕方がない。しかし、中川氏はそのことに触れず、一方的にけなすのみである。
 また中川氏は、ネットほど知名度や才能が露骨に出る世界はない、一般人はいくらなにを書いても「一般人」のまま、知名度が上がることはあり得ないから、つぶやけば友達が増えるわけではないという。その例として、彼は多数のフォロワーを獲得しているのは、現実世界でも名前が売れている有名人でないと、twitterの恩恵を受けられないと主張する。あげく、有名人でなくてもtwitterを有効活用できるのは、せいぜい風俗嬢じゃないかと言い出す始末である。
 だが、ネットやtwitterというのは、彼が言うほど「バカと暇人のもの」なのだろうか?

 確かに、ネットやtwitterは、「コミュニケーションツール」の一つに過ぎない。「道具」を使うのは人間だから、使い方次第によっては、持ち味が生かされることもあれば消えることもある。とはいえ、ネットがなかったら、世界中の人たちがここまでつながることはなかっただろうと思うのである。あの忌まわしき「9・11」以降、世界中で反戦運動が盛り上がりを見せたのは、間違いなくネットがこの世に存在したからだ。大容量高速ネット回線の普及で、一般人が撮影した動画を、いつでもどこでも簡単に閲覧できる。日本でも「9・11」以降、国内で様々なプロジェクトが立ち上がったが、その多くはネットでのつながりがきっかけだった。最近でも、上関原発建設に関する反対運動や、先月末の「宮下公園の『ナイキ公園』化」に反対する」デモに関する情報は、そのほとんどがネットを通じてもたらされたものである。権力者や、財界・広告代理店におもねった報道を繰り返したあげく、購読者限の低落傾向に歯止めがかからないメディアなぞ、人々は全く当てにしていない。
 中川氏は「多忙なビジネスマンが、首っ引きで書き込む余裕なんかない」と主張するが、多忙だからこそネットを有効活用しているのではないだろうか?事実、各新聞社はtwitterにアカウントを開設し、そこで最新ニュースを流しているから、ビジネスマンは隙間時間を見て、最新ニュースをチェックしている。かくいう私もそのひとりである。
 中川氏は「WEBはバカのものである」というが、私が見る限り、部屋に引きこもり、他人の悪口罵詈雑言を書き連ねるのはごく一部に過ぎない。また、障がい者や限界集落居住者の方のように、ネットでしか世間とつながれない方も現実に存在するのだ。障がい者・限界集落在住者にとって、ネットは命綱だ。その命綱がポキリと折れた瞬間、彼らは奈落の底へと落ちていく。ネットがあるからこそ、かろうじて理性を保っているという人も大勢いるはずである。
 そりゃ、twitterで「うんこなう」「かれーなう」果ては「セックスなう」と言ったくだらない書き込みをする人間も多いが、HPやメーリングリスト代わりに、有用な情報を寄せてくれる人も多数いる。そして私は、そういう情報をあげてくれる人しかフォローしていない。
 最後に中川氏の記事のに出てくる
 「人は赤の他人のことにそんなに興味を持っちゃいません。つぶやけば友達が増えるというわけでもありません」
 「価値のある経験か、価値のある人の立場の人からの発信でなければ意味がない」
という言葉に対し、自分なりの反論を試みたい。
 私がtwitterデビューをしたのは昨年の5月だから、あと2週間ほどでtwitterデビュー1周年を迎えることになる。デビューしたきっかけは、知人のブログにtwitterのパーツが貼り付けられていたことだ。早速登録を済ませたものの、当時はtwitterの使い方自体をよく知らなかったため、登録してからは1ヶ月以上もアカウントを放ったらかしにしていた。7月になってぽつりぽつりとつぶやくようになったが、ブログ告知のために使っていたこともあって、フォロワー数はあまり伸びなかった。
 ところが、7月最終週になって本格的にtwitterでつぶやき始めるようになると、私の状況はがらりと変わり始める。ブログで社会問題や環境問題に言及していたからか、私の最初のフォロワーは環境NGOだった。その後、知人がフォローしているアカウントを参考に、話が合いそうな人間を片っ端からフォローし始め、それと並行してtwitterでのコミュニケーションに力を入れるようになると、私をフォローしてくれる人は3ケタになった。そしてそのとき私をフォローしてくれた人の大部分は、今でも私のつぶやきを聴いていてくれる。
 秋になると、「私が」フォローしている人よりも「私を」フォローしている人の数が多くなる逆転現象が起こり、それは今も続いている。はっきり言って驚いた。「フォローしている」人よりも「フォローされている」数の方が多いのは名誉なことだと思っているのだが、それらの多くは中川氏が言うところの「有名人」或いは「価値のある経験か、価値のある人の立場の人」であり、自分のような一介のワーキングプアがそんなことになろうとは想像してなかった、というのが正直なところである。彼らの存在を「奇特な人たち」とみるか、それとも私の一連の発言が「価値がある」と思うのかは、人によって違うだろうが、つぶやき始めた頃は「フォロワーさんが100人いたらいいな」と思っていたので、1,000人以上の人に聴いてもらえるとは!と驚いている次第である。
 人がうらやむ一流大学を卒業し、誰もが知っている大企業でキャリアを積んだ中川氏みたいな人間からすれば、私みたいな一介の中年ワーキングプア階層に所属する人間に、フォロワーが1,000人いるという事実は、到底理解できないだろう。彼の記事を見ると、この人は「社会的弱者」を見下す意識がちらほら感じられるのは気のせいか?彼は自らの肩書きを「WEBプランナー」と名乗っているが、自分のフィールドを「バカと暇人のもの」とくさすのだったら、別のところで活動したらいいのではないか、と突っ込みたくなってくる。
 余談だが、「私がフォロー」している人間、「私をフォローしている」人間はどちらも4ケタに達しているが、どちらも4ケタに達している人間は、twitter利用者全体数の1%にも満たないのだという。皆様は、この数字をどうとるか?

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。