貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 貧困問題 > ボンビーはつらい  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボンビーはつらい

2008 - 08/08 [Fri] - 12:54

 ビンボーは本当につらい。
 家賃と公共料金をおさめると、可処分所得(手元で自由に使えるお金)はいくらもない。このわずかの金額から、医療費、携帯電話等を差っぴくと、本当にかつかつである。ホームレス寸前の「俺達に明日はない」状態の毎日。これが今の私の生活である。
 父は回復途上にあるとはいえ、酷暑も手伝い、病院の行き帰りは今も社会福祉協議会が提供する送迎サービスを利用している。片道1,000円、往復2,000円。民間タクシーに比べてはるかに格安とはいえ、貧乏人にとってこの出費は痛い。

 なのに、この国の権力者といったら…(怒)(怒)(怒)
 生活に苦しむ国民の気持ちを一顧だにせず、日々グルメ三昧、ワイン三昧。こんな贅沢三昧の生活を送りながら、国会の党首討論で自らのことを「頑張っているんですよ、可哀そうなんですよ」などと泣き言を並べたて、失笑を買ったどこかの国の総理大臣。
 失礼ながら、父親の威光で国会議員になり、必要な識見も人脈もないまま最高権力者に上り詰めたあなたに、庶民の苦しみなんかわからない。
 道路?ガソリンの値下げが先だろう!!!!
 ガソリンが安くなれば、石油が安くなれば庶民の生活は一息つく(はず)。
 フランス革命前、王妃マリー・アントワネットは「パンをよこせ」と叫んだデモ隊に向かって「パンがなければケーキを食えばいい」と言い返して国民の憤激を買った。日本では「貧乏人は麦を食え」といった政府高官がいたが、今はパンや麦はおろか、必要最低限の食べ物すらも口にできない人が、世界中にあふれている。格差は広がる一方だ。
 貧乏人は飢えて死ねってか?
 この恨みを晴らさなくば、死にたくても死ねないわ!
 

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。