貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 相撲 > 北の湖理事長辞任  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北の湖理事長辞任

2008 - 09/10 [Wed] - 11:52

 醜い連中による醜いドタバタ劇は、各方面に醜態をさらして終わった。

 大麻問題 露鵬、白露山を解雇 理事長辞任 後任に武蔵川親方

 現役時代「憎らしいほど強い」と、その強さをほしいままにした北の湖理事長が、やっと辞任した。同時に、露鵬、白露山の両力士を解雇処分とし、露鵬の師匠である大嶽親方は平年寄に降格となった。 
 現役時代「憎らしいほど強い」と、その強さをほしいままにした北の湖前理事長だが、知性・能力の面では疑問符がつけられていた。入門前、前三保ゲ関親方から「少し背が小さいようだから、たくさん寝ると背が大きくなる」という言葉を真に受け、学校から帰ると勉強しないで寝てばかりいたそうだ。だから、中学時代の成績は、体育を除いて「オール1」という劣等生。優勝24回を誇る天下無双の大横綱も、土俵を離れれば「ただのバカ」だったのである。

 知性はないが仲間内の受けはよく、小利口。利権にさとく、実績十分の「一代年寄」。マスコミ報道から知る限り、理事長としての彼の評価はそんな感じだ。モンゴル巡業に熱心だったのも、ロシア人力士である弟子の白露山をなかなか切れなかったのも、利権や闇勢力との強固なつながりがあったからだろうとささやかれている。
 昨年の時太山事件の時、前理事長は「師匠と弟子の関係」であり、相撲協会は親方の連合体だから、協会としては介入しないと言い切った。1年後、その言葉が自分に返ってくるとは予想だにしなかっただろう。
 今回の辞任劇で、町村官房長官は記者会見で「外部からも理事を招聘してほしい」とかたった。もはや日本相撲協会は、世間からは「単なる利権団体」としか見られていない。よほどのことがない限り、信頼を取り戻すのは難しいと見る。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。