貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 趣味 > ある本屋の閉店  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある本屋の閉店

2008 - 09/14 [Sun] - 10:17

 昨日付けで、行きつけの本屋が閉店した。
 その本屋、駅から歩いて1分というビルの中にあるという好立地。
 品揃えもほかの大規模店とは違う、小規模店の視点を生かしたユニークな書棚構成で、ファンも多かった。
 閉店理由は「売上不振」とあり、その理由を書いた筆文字の手看板に
 「ここ近年、更新料の支払いに終われる状況が続いたので、これを機会に、店を閉じることにしました」
 と書いてあった。
 

 銀行の「貸し渋りの影響で、本業の決算は黒字なのに、倒産したり閉店する会社・店舗のケースがそこかしこで起こっている。看板には「更新料云々」と書いてあったが、この店もそうだったと思いたい。
 1日付の記事で、雑誌業界の苦境について書いたが、出版不況の影響をもろにかぶり、書店業界の淘汰が進んでいる。大規模書店のチェーン店化が進む一方、小さくても個性的な書店はどんどんつぶれている。私の地元でも、すでに2件の書店が閉鎖に追い込まれた。
 閉店日前日と当日、私はその書店を訪れ、雑誌と新書を各一冊購入した。店主はニコニコと私を出迎え、しおりセットを私にくれた。閉店日当日に訪問した際には、小銭入れをくれた。それらのグッズを受け取りながら、私はこの店の売り上げに貢献できなかったことを悔いた。
 ありがとう!その書店さん!
 あの場所に書店があったことを、私はずっと忘れません。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。